動物病院のネット集客の現状

多くの動物病院のホームページや広告を調べた結果、この業界はまだネット集客を本格的に導入している病院は、かなり少ないようです。

ホームページのデザインもプロの制作業者に頼んでいないサイトが多く、知人にお願いしているようなクリティーのサイトが多く見受けられました。

またプロが制作していても、ありきたりの内容ばかりでどこも自分の個性・特徴をだそうとしていないようで、とりあえず他と同じようなサイトを作っている印象を受けました。

このようなホームページで集客するにはかなり難しい状況です。

ネット上では基本比較されるのが宿命。

lodan

検索者は比較する為にいろんなホームページを見ているという認識を、まずは持つ事からはじめましょう。

ネットで検索する場合あなたもいろんな商品やサービスを比較しませんか?

検索者の目線に立ってみると、どこにでも書いてあるような情報を掲載している動物病院より、動物に対する姿勢や院長のポリシー、病院の特徴などをしっかりと書いている方に行きたくなりませんか?

ホームページは特徴を出したもの勝ちなのです!

ネット集客の観点からいうと、同じような情報しか掲載していない動物病院業界はまさに穴場。

しっかりと戦略を持ってホームページを作れば後発組でもごぼう抜きできる状況です。

「この動物病院、何かいい感じ…」と思ってもらう為には

動物病院はいきつけの病院を決めている人も多いでしょう。

しかし家から近いから行っているけど、その動物病院に不満を持っている人も少なくはないはずです。

愛する家族を任せるのだから、信頼できる獣医さんみ見てほしいという気持ちは当然ですよね。

そこでネットで調べた時に「この動物病院いつもの所と比べて、何かいい感じ…」と思ってもらうこ為にはどうすればいいのでしょうか?

FZ113

好意を持ってもらう為にはいくつかのポイントがあります。

  • 先生の写真がやさしそう
  • 病院内の写真が多く掲載されている
  • 患者(飼い主さん)の声が多く記載されている
  • 先生のポリシーがしっかりと明記されている

ほかにもたくさんあるので、別に詳しく説明します。

1つ1つは小さな事かも知れませんが、それらたくさんのポイントが複合して「何かいい感じ…」になるのです。

サブコンテンツ

このページの先頭へ